スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 母体搬送 | main | 教授回診 >>

中耳炎と新生児黄疸

Image117.jpg
手術の前から左耳がおかしくて、聞こえにくくなっていた。
術後、そのことを先生に話し、今日、耳鼻科へ行って診察してもらってきた。
太陽の光が眩しい。
こんなに天気がいいんだ。
もう寒いのかな。
耳鼻科で聴覚のテストをして診察。
「大人では珍しいですが風邪からきた中耳炎ですね。術前風邪をひいたでしょ。体力がないところに手術したからばい菌入ってなかなか治らないのでしょうね。薬を出したいのですが、産科の先生と相談して出しますね」
と言われた。
耳鼻科から帰ると、
「赤ちゃん、黄疸が強くって光線療法を始めたんですよ」
新生児室に行くと、目を保護され裸にされた我が子。
「おっぱいあげてもいいけど、1時間は出せないので」
「なるべく光線を浴びさせたいので搾乳します」
と言った。
明日には治るかな。
せっせと搾って運ぼう。
| 出産 | 14:21 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

| - | 14:21 | - | - |
Comment
中耳炎とは、術後に弱っているとこ
ろにきてしまいましたね。それだけ
帝王切開は大変なんですよね。
内臓まできっているのですから。
今は治すことだけ考えて。
男の子はぐいぐいがんがん母乳のみ
ますよ。きっと。だきごこちも
女の子よりずしっとするんです。
女の子はふわふわしてるかんじ。
おだいじに
2007/12/05 4:47 PM, from kayoko
*kayokoさん*
男の子は体重より重くみられますね。
かなり飲みは強そうです。
中耳炎は聞こえにくいほどだったんですが、今はだいぶいいです。
診察してもらわなくてもよかったんですが、一応してもらいました。
薬を飲むのがたくさんになりました(泣)
2007/12/05 8:32 PM, from sato










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM