スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< お土産 | main | 母の日 >>

出張板前さん

otouto
6日の夜は、義弟がマグロやホタテ、タコ、白身の魚を持ってきてくれて、
「お姉ちゃん、刺身にする?ご飯はタコ飯にする?」
「ご飯炊いちゃったんだ」
「じゃ、お寿司にしようか」
嬉しいです〜
実家から帰ってきたばかりで何も作りたくなかったの。
包丁持参で来た義弟が、手早く握る、握る。
大トロもあって、うまかった!
甥っ子は、
「えび、えび。マグロ」
すっごい食欲。
2歳なのに朝からバナナ4本、ご飯は大人並みに食べるそう。
1歳の時はずっとふぐの唐揚げを食べてたよね。
1歳児がふぐの唐揚げって・・・
甥っ子は晴琉とよく似ていて、声はハスキーだし、こんなふうな2歳児になるんだろうな。

otouto&miu
美羽と咲羽は初握り。
タコは残ったので、次の日2種類の味付けをして唐揚げにして食べました。
ネタが良く、私が料理してもうまい。

義弟の店、“旬彩 阿久津”は病院の近くということもあり、まあまあ繁盛しているようです。
妹は子供を夜の9時まで保育園に預け、女将として働いていて、女将修行をしたことがないけど、本人なりに頑張っているみたい。
甥っ子はお迎えが1番最後らしく、お姑さんがお迎えの時もあり連絡がうまくいかなくて保育園から連絡があってお迎えということもあるとか。
妹はその話を私にした時、涙目になっていました。
もうちょっと近くに私が住んでいれば、甥っ子をみてあげられたのに。
子供と一緒にいたいけど、お店は他の人に任せられない、自分でちゃんとやりたい妹の性分なので、体を壊さないよう頑張ってねとしか言えないです。
開店して1年目は無我夢中でやってきただろうから、2年目になった今年はお店がもっともっとよくなって、サービスが行き届くようにと願っています。
| 日常 | 12:52 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

| - | 12:52 | - | - |
Comment
正直さや一生懸命さがお客さんに伝わって、ジワジワと右肩上がりになる商売が堅実だよね。


親子は色々だから、子供預けてばっかりで…っていってもスクスク育つ子はスクスク育つ!

手塩にかけすぎてもグレたりする場合もあるからね〜。

子供が自我が芽生えて疑問や不安を持った時に、キチンと説明してあげられれば、子供ながらも結構理解してくれる気がするよ…って子供の居ない私が言うのも何だが…(^_^;)



my包丁持って来てくれるなんて…satoちゃんの周りはイイ子ばっかりだね(笑)
2009/05/10 5:14 PM, from つる
*つるさん*
甥っ子はさすが?飲食店の息子ってだけあって、誰に預けられても平気で、柔軟に環境になじんでいる。
親が引け目を感じるんだろうね。
一緒にいられる時間が少なくても、愛情深く育てれば大丈夫だと思うけどね。
一緒にいられるのは今だから、もったいない気もするけど。
あ、それは私にも言えることで、遠距離恋愛をしているような半日を過ごしています(笑)

私はいっつもおいしいの御馳走になってて、本当に家族にいて良かったなぁとしみじみ思う。
「今回私がおごるよ」
と、私が妹におごったのが例のうどんで、大人3人子供2人で1800円。
安い!
2009/05/11 12:00 PM, from sato










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM