スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< ルッコラ | main | 姪に会いに行ってきます >>

すいかの種

tane
美羽が保育園の給食で食べたすいかの種を、こっそりポケットに入れて持ち帰ってきました。
やたらと、
「すいかは種からできるの?」
と聞いてきたので、なんでだろうと思っていました。
「植えて、すいかを育てるの」
か、かわいい。
すいかは栽培が難しいから、毎年苗は見ているのだけど、買ったことはない。
すいかの種を植えて、数日したら苗を植えちゃおうとshinが苗を見に行ったのに、時期が遅かったらしくすいかの苗はなかったと。
捨てるにも捨てれず、植えることもできなくてずっと、キッチンの上に置いてあります。
ネットの苗も見てみようかな。

保育園の先生にあげるんだと、道路に咲いていた紫色の花を引きちぎってきました。
「明日、先生にあげるの」
「あげるんだったら、あげる当日に切らなくちゃ。それにこの花は自然に道路に咲いている花だから、違うのにしようよ。引きちぎったのではなく、ハサミで切ってこないと」
美羽は花瓶に水を入れて花をさし、次の日、水をタオルでふいて、画用紙で巻いて、先生に持っていきました。
連絡帳にすいかの種の話と、花のことを書いたら、先生がクラスで話してくれたみたい。
美羽は自分のことを言われているとわかると、照れていたって。
人に花をプレゼントする時、見栄えとか新鮮さとか、花の種類とか気にするけど、そんなことはどうでもいい。
あげたい気持ちが大事。
美羽が先生にあげた花は、ムラサキツユクサ。
あの花を見るたび、
「先生にあげた花だね」
今日、ちゃんとした名前を教えてあげよう。


| 日常 | 13:01 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 13:01 | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM